共働き夫婦・DINKSの転勤での苦労について

我が家は子なし夫婦で共働きです。

それぞれサラリーマンとして充実していますが、夫の仕事には転勤の可能性があります。

ペーストしては平均すれば3から5年に1回というところでしょうか。

場所は全国どこでも可能性として有り得ます。

妻側は転勤でも付いていくという意思が既にあるので、まあ我が家の場合は万が一転勤になってもそれほど大きな問題点はないのですが・・・

世間一般的に言うと大問題な家庭も多いですよね。

夫も妻も両方とも仕事に情熱を持っていて、片方が転勤になったらついていくなら仕事を辞めるか同じように転勤願いを出すか。

でもそもそも転勤がない会社なら無理ですしね。やめるしかなくなります。

または単身赴任を選ぶか。

子供がいて既に学校に通っているなどの状況であれば夫側の単身赴任を選択する家庭も多いと思います。

ですが子供がいないふうにの場合、単身赴任は物理的には可能ですが正直結婚した意味がそもそもあるのかという問題もあります。

そうすると転勤が嫌だとなれば転職を考えるなどをするしかありません。

転勤は本当に夫婦の人生を左右する仕組みですよね。

職場のマンネリ化や不正や癒着を防ぐ目的もあるのでしょうが、夫婦個人の生活にとってこれほど無駄なシステムはありません。

最近は転勤そのものをなくしたりする会社も少しずつ増えてきているようですが、なぜ思い切ってやめられないのですかね。

会社の業績を上げるために社員は不幸になれという会社なら、もはや存在価値自体がないと思います。

仕組みそのものを変える時期が来ているのに行動を起こさない大手企業の経営者ははっきり言って失格でしょう。

我が家の場合はもし子供が出来ても多分家族で揃って転勤場所に引っ越すか、それとも転職を選ぶかもしれません。

なんか転勤があるかもしれないと考えると家を買うのも躊躇しますし、そもそもなんでそんな不安を抱えながら仕事しないといけないんですかね。

法律で禁止してくれないかなあ。